脱毛が失敗する原因

脱毛したのに毛が抜けなかった4つ原因とは

脱毛をして大成功と喜んでいる人もいれば、その効果があまり感じられなかったという人もいます。

 

ほとんどの人がきちんと脱毛されるのに、失敗する原因はどんなものがあるのか調べてみました。

 

脱毛したのに、毛が抜けなかった原因は4つ考えられます。

 

1) 毛が薄くレーザーが反応しなかった

 

生えているムダ毛が、産毛のような細い毛の場合、脱毛器のレーザーが反応しにくくなります。

 

そのせいで、照射漏れが起こり、結果毛が抜けなかったのです。

 

2) フラッシュ脱毛の出力が弱すぎた

 

脱毛サロンの脱毛器の出力はクリニックの医療レーザーと比較すると、1/3程度の効果しかないと言われています。

 

ですから人によっては十分に脱毛できなかった可能性があります。

 

脱毛サロンではお肌のトラブルを考えて、乾燥肌の人などは出力を下げています。

 

出力を下げると当然脱毛効果が下がってしまうので、保湿には十分気をつけましょう。

 

3) 医療レーザーの照射漏れの可能性

 

出力が高いクリニックでの医療レーザーで、脱毛効果がないということはありません。

 

単に照射漏れの可能性が高いと考えられます。

 

4) 肌の色が黒い(地黒)ため出力を下げなければいけない

 

肌の色が黒い、地黒の人はやけどなどの肌トラブルを回避するために、脱毛器の出力を下げなければならないため、十分な脱毛効果を得られなかったことが考えられます。

 

日焼けしているのではなく、もともとの地肌が黒い場合は、改善のしようがありませんよね。

 

そういう人は少し脱毛する期間は長くなりますが、通い続けることで効果を得られます。

 

いかがでしょうか。

 

あげた4つの原因の中で自身にあてはまるものはありましたか。