再開制度があるサロン

妊娠中・授乳中は脱毛出来ないので休止・再開制度があるサロンがオススメ!

結婚式をこれから迎える人の中では、脱毛サロンに行くことを考える人が増えますよね。

 

ウェディングドレス姿は1生に1度だと思いますし、一番綺麗な姿で迎えたいと思いますからね。

 

結婚式の前に脱毛サロンに通い出したとしても、脱毛完了までは年単位で時間がかかるものなんで、その後も通い続けることになると思います。

 

ですが、脱毛サロンに通う際は計画的に考えておかなくてはいけない事があります。

 

それは妊娠についてです。

 

脱毛サロンでは、妊娠中や授乳中は脱毛施術を受けることができません。

 

特にそのような法律があるというわけではないのですが、基本的に禁止となっているそうです。

 

理由としては、妊娠中のホルモンバランスの崩れです。

 

妊娠中、女性のホルモンバランスは大きく崩れて今までは毛が薄かったのにいきなり濃くなるという人もいます。

 

そういう状態の中で脱毛施術をしても効果がないことがあるそうです。

 

すると足を運び、わざわざお金を払って施術を受けるお客さんも、スタッフの方の施術も無駄になってしまうので施術をしないということですね。

 

また、妊娠中に痛みを感じると子宮収縮を起こす場合があるので大変危険ということもあります。

 

それに、肌トラブルが起きやすくなっていたりもするので、脱毛サロンで施術を受けるには向いていない時期なんですね。

 

脱毛サロンには、妊娠・授乳時期の休止・再開制度を取り入れているサロンがあります。

 

その制度を利用すれば、コース残り回数を無駄にすることがないのでとてもオススメです。

 

結婚前に脱毛サロンに通い始めて、お子さんを作る計画がある人は特にそういう制度のあるサロンを選ぶといいと思います。

 

また、妊娠中の脱毛処理ですが、その間は自己処理をすることをオススメします。

 

なるべく、肌への刺激の少ないカミソリを使用するのがいいでしょう。

 

ただし、肌はデリケートになっていると思いますので、肌トラブルを起こしたら速やかに中止しましょう。

 

そして、妊娠・授乳期間を終えて落ち着いたらまた脱毛サロンを再開するといいと思います。