脱毛当日の服装

脱毛当日の服装は肌が擦れなくてゆったり目の服装にしよう!

夏場は日射しも強く、暑いので思わずタンクトップやキャミソールなどを着て涼しげな格好をしていたいと思います。

 

ショートパンツやタイトなミニスカートも涼しくいいですよね。

 

でもそうすると気になるのが日焼けです。

 

UVケアは十分に行いますが、時間が経てばとれてしまいますし、日焼けのリスクは高いままです。

 

シミやそばかすも怖いですし、日焼けで肌が荒れるのは勘弁してほしいですよね。

 

やはりUVカットの長袖の上着を羽織るとか、ロングスカートを履くとか日傘を使うなど、日射しを直接防ぐのが賢い方法でしょう。

 

脱毛期間中は時に日焼けに対して、しっかり対応を取っておかないと面倒なトラブルが起きてしまいます。

 

まず日焼けをした状態だと、脱毛装置のレーザーがお肌にも影響を及ぼすので、脱毛施術自体を断られる場合があります。

 

程度にもよるのですが、せっかく予約したのに脱毛が受けられないと、また苦労して予約をしなければいけませんし、脱毛が終わるのも遅くなります。

 

また脱毛後に帰宅する際もUVケアをしておかなければいけませんが、脱毛直後の火照った肌にお化粧や日焼け止めは塗らない方が賢明です。

 

敏感になった皮膚に反応して炎症を起こす場合もあるので、少なくとも30分程度は肌を休ませてからお化粧や日焼け止めを塗る方が良いでしょう。

 

使用する化粧品や日焼け止めの成分にも、天然成分の肌に優しいものを選択してあげて下さい。

 

肌に刺激を与えないといえば、脱毛する際の服装にも注意したいところです。

 

出来るだけゆったりした服装を心がけておかないと、脱毛した部分が擦れて色素沈着が起きやすくなることもあるのです。

 

締めつけのキツイ下着や洋服は避けて、ゆったりとして日射しを遮れるような服装を選びましょう。

 

また下着や服の材質にもこだわるべきです。

 

ポリエステルなどの化学繊維は肌に擦れて余計な刺激を与えるので、天然のコットンなどを選んで、少しでも肌への刺激を減らしてください。

 

脱毛を始めたら出来るだけ日焼けをしない、肌に刺激を与えないが基本になります。

 

色々なファッションを楽しみたい季節でも、少なくても脱毛の当日は我慢しましょうね!