脱毛が出来ない部位

脱毛の施術が出来ない部位は目の周りと粘膜!それ以外だったらどこでもOK!

脱毛サロンでの脱毛は、体中どこでも施術可能かと勘違いされがちなのですが、これは大きな間違いで、顔の目の周り・特にまぶた辺りはとても皮膚が薄く、危険を伴う可能性があることから、光脱毛の光を当てることができないのです。

 

脱毛サロンで用いられている光脱毛は、美容クリニックのレーザー脱毛や針脱毛と比べると、お肌に負担が少なく、光も低出力ではありますが、それでも全くお肌に負担がないかといいますとそうではありませんので、わざわざ危険な部位に光をあててトラブルになってしまう恐れが高いようなことは、サロン側としても脱毛を受ける側としても絶対したくありませんよね。

 

現在では技術が進化してきていますから、一昔に比べますと脱毛できない部位というのは減りつつありますが、目の周りの脱毛に関してはほとんどのサロンで施術部位に含まれていません。

 

また、目の周りだけでなく、顔脱毛自体をNGとしているサロンもありますので、事前にきちんと確認をするようにしましょう。

 

顔脱毛OKとしているサロンでは、目の周りにトラブルが起こらないように、脱毛当日は、ゴーグルを着用しての施術になります。

 

他にも、脱毛できない場合があり、通常の皮膚よりも黒くなっている部分の脱毛はできません。

 

例えば、ほくろやしみ、色素沈着による黒ずみ、日焼けしたお肌などが挙げられます。

 

これはなぜかといいますと、光脱毛というのは特殊な光を直接お肌に当て、黒いメラニンに反応させて毛根を刺激し、脱毛を行う方法ですので、通常の皮膚よりも黒い部分がありますと、その部分にも反応を起こしてしまい、炎症や湿疹、ひどい場合にはやけどになってしまうおそれがあります。

 

そして、眉毛の脱毛についても脱毛サロンでは行われていないサロンが多いです。

 

逆に、レーザー脱毛を扱っている美容クリニックでは眉毛の脱毛も可能としている所が大半です。

 

脱毛可能な部位については、脱毛サロンのコース設定によりまちまちですが、基本的に目の周りや危険を伴うような部位はどこのサロンでも扱っていませんので、顔脱毛を希望したい方は、事前にきちんとサロンに確認するといいですよ。