施術後の肌トラブル

万が一、肌にトラブルが起きた場合は必ずサロンに連絡を!

脱毛サロンで施術を受ける際には、肌トラブルを避ける為の注意点がいくつかあります。

 

これらは、どこのサロンでも事前カウンセリングの際にサロンスタッフの方から詳しく説明がありますし、自分でも肌トラブルを起こさないように気を付けなければなりません。

 

例えば、体調不良で薬を服用している場合は、その薬の種類によって施術に使用される光に反応を起こしてしまい、過敏症や火傷などの大きなトラブルに繋がりかねませんので、薬を服用した状態で脱毛サロンに行くのは控えましょう。

 

次に、脱毛前後に飲酒をしたり、激しい運動をしたりと血行促進や体温を上げてしまうような行為は避けましょう。

 

これは、脱毛前に血行がよくなった状態で施術を受けると痛みを感じやすかったり、赤みやかゆみなどの症状が現れることがありますので、控えなければいけません。

 

脱毛後も同様で、脱毛直後の肌は熱を帯び血行がよくなりとてもダメージを受けた状態になっていますので、そこに更に血行促進になるようなことをしてしまうと、赤みやかゆみ・ひどい場合は炎症や、火傷を起こして通院しなければいけなくなる場合もありますので、控える必要があります。

 

また、脱毛前日までのムダ毛の自己処理にも注意をはらいましょう。

 

せっかくきれいになる為に脱毛を予約していても、自己処理の際に傷などを作ってしまうと、状態によっては施術を断られる場合もありますし、脱毛を受けたとしても炎症や火傷の原因になることがありますので、気を付けなければいけません。

 

あと、脱毛前後の日焼けにも気を付ける必要があり、施術で使用される光は、黒い物に反応する為に日焼けをした肌で施術を受けると、肌の色に反応を起こしてしまい過剰反応を起こす可能性があります。

 

注意事項を聞いていたにも関わらず、安易な自己判断で『これくらいなら大丈夫だろう』という少しの油断が大きなトラブルを招きかねません。

 

万が一、トラブルになった場合はすぐにサロンに連絡をしましょう。

 

たいていのサロンは医療機関と提携していますので、すぐに対処して頂けると思います。