脱毛前後の飲酒

脱毛前後の飲酒は肌トラブルのもと!危険だから絶対にやめてね!

脱毛サロンで脱毛施術を受ける際には、注意しないといけない点がいくつかあります。

 

注意事項については、たいてい事前に行われる無料カウンセリングの際に説明される場合がほとんどですので、聞き漏れなどがないようにきちんと注意事項を確認するようにし、トラブルを防ぐ必要があります。

 

脱毛を受ける際の注意事項の一つに飲酒に関する事項がありますが、なぜ脱毛と飲酒が関係しているのでしょうか?

 

なぜなら、飲酒をしますと血行がよくなり体温が上昇します。

 

その状態で脱毛を受けると、施術の際に使用される光に過剰反応を起こしてしまい、赤みやかゆみなどの肌トラブルが起こってしまう場合がありますので、脱毛前には飲酒を控えなければならないのです。

 

もちろん脱毛施術は万全の体調で挑む必要がありますので、『前日に飲みすぎた』などということは決してあってはいけません。

 

では、脱毛後なら飲酒可能かといいますと、こちらもNGです。

 

脱毛施術後のお肌は、血行はよくなり体温が上昇し熱を帯びた状態で、とてもデリケートになっています。

 

敏感なお肌の状態で飲酒をしてしまうと、更に血行をよくし体温をあげてしまいますので、施術した部位が痛んだり、炎症やかゆみなどのトラブルに繋がりかねません。

 

ひどい場合には火傷状態になるケースもあり、『少しくらいなら大丈夫だろう』などという安易な気持ちでの飲酒が大きなトラブルになってしまうこともありますので、脱毛前後は必ず飲酒を控えるようにしましょう。

 

火傷になってしまい、通院を余儀なくされた場合でも自己責任となり脱毛サロン側に責任は問われませんし、脱毛サロンに通う回数や期間が延びてしまい追加料金がかかってしまう場合もあります。

 

通常、脱毛サロンでの施術は毛周期にあわせて2〜3か月に1度のペースで行われますので、数か月に1度、脱毛前後数日間だけお酒を控えればいいだけですので、確実に、安全に脱毛をしたいのであれば、注意事項をきちんと守り、トラブルのないようにしましょう。

 

全ての脱毛が終わったご褒美として、おもっきり飲酒するのもいいですね。