脱毛サロンの解約

脱毛サロンのコース途中の解約や解約金について

『軽い気持ちで脱毛サロンを訪れただけなのに執拗な勧誘にあって断りきれず契約してしまった』『契約してしまったけど、やっぱりやめたい』と後悔することは誰でにでも起こりうることだと思います。

 

その場合、無理に嫌々通う必要はありません。

 

まだ施術を受けていない場合で、契約から8日以内であればクーリングオフを申し出ることができます。

 

ただし、契約期間が1か月以上でなければならないこと、契約金額が5万円以上でなければいけません。

 

電話での申し出でも構わないのですが、トラブルを避ける為、証拠が残るような内容証明郵便や、書留で郵送するのがおすすめです。

 

クーリングオフ期間を経過してしまっていてもまだ施術を受けていない場合には、解約手数料さえ払えば解約は可能です。

 

では、すでに施術を受けてしまったけれど、肌トラブルや家庭の事情など様々な理由で通えなくなってしまい、中途解約をしたいという場合はどうでしょうか?

 

結論からいいますと、この場合も法的に中途解約は可能です。

 

しかし、やはり解約手数料が発生します。

 

この解約手数料は、申込みコースの料金の10パーセントもしくは、一律2万円かのいずれか安い方となっています。

 

施術を受けている場合は、これまでに受けた施術費用と解約費用を払う必要があります。

 

手数料に関しては法的にはこのような決まりになっているのですが、脱毛サロンによってまちまちで、解約手数料をとらずに未使用分を返金してくれるサロンもありますが、現時点ではまだまだ数は少ないのが現状です。

 

引っ越しなどの場合には、大手サロンの場合は最寄りの店舗への移動をさせてくれるサロンもあります。

 

もしどうしても途中で解約をしなければならなくなった場合には、再度きちんと契約書を確認し、解約手数料はいくらであるか、返金はどのような計算がされいくら返ってくるのかをきちんと把握して、納得のいった上で手続きを行うようにしましょう。

 

なかなか解約をさせてくれない悪徳なサロンも存在しますので、契約の際には色々な事を想定した上で申し込むとトラブル回避にもつながると思いますよ。